肌の老化を食い止め、美肌を維持するためには、どのようなアンチエイジングが効果的でしょう。重力老化のアンチエイジング対策には、表情筋をよく使うと良いようです。表情豊かな人はそれだけで若々しく見えます。よく話し、よく笑うこと自体にも、アンチエイジング効果があるといいます。

 

顔のマッサージでアンチエイジングをするという方法もあります。リンパ腺をマッサージし、リンパの流れをよくしましょう。光老化のアンチエイジング対策には、毎日のUVケアが必須です。UV-A、UV-B、UV-Cという3つの紫外線が存在しています。UV-Aは最も波長が長く、建物の中にいても窓を越えて皮膚に届き、光老化の作用を及ぼします。A波は肌にあるコラーゲンの働きを低下させ、しわやたるみの原因を作るため美肌の大敵です。波長が短いB波は、エネルギー量が多くてメラニン色素の生成を促すという特長があります。

 

しみやそばかすが増加する理由になってしまいます。紫外線からお肌をガードするには、10:00~14:00の間は肌を太陽光にさらさないようにしましょう。それでも紫外線A波は家まで到達します。ストレス老化のアンチエイジング対策は、ストレスの原因は人それぞれ異なります。どうすれば自分のストレスは緩和されるのか、アンチエイジングでの美肌のためには大事なところです。